• ウッドジョブ観てきました。

     

    矢口監督作品はいつも劇場で大勢のお客さんと一緒に大笑いしてきたので今回もそれを期待して劇場に足を運びました。

    なんかいつもと違うなぁと思ったら原作モノだったんですね。

     

    テルマエロマエの見どころが阿部氏の尻だとしたら、ウッドジョブでは伊藤英明氏の六尺姿。

    残念ながら私は美尻にも六尺姿にもグッとこない人間なのですが、お好きな方には1800円の価値があるんじゃないかと思います。

     

     

     

     

     

     

     

Comments are closed.