• 射精管理

    射精管理といいましても今回ご紹介するのは、貞操帯を装着したり、ご主人様のお赦しをいただかないと射精できないというタイプのアレではございません。

    射精とオーガズムを分けることで、射精しないでオーガズムを得ること指します。
    ではご紹介します。

    完全な射精管理とは、射精とオルガスム体験を分けることです。
    神経生理学的に、オルガスムと射精は2つの完全に異なるプロセスです。
    射精自体はオルガスムの感覚を引き起こしません。
    それは単に射精を体から排出するための物理的な行為です。

    リンガセルフマッサージとストップアンドゴー方式(下記参照)を組み合わせることで、射精からオーガズムを切り離し、ビッグドロー(後日ご紹介)でエネルギー体験を練習することができます。

    ■ストップアンドゴー方式と組み合わせたリンガムセルフマッサージ

    •性器に集中する前に、体の残りの部分、特に胃、太もも、乳首に触れてマッサージすることを忘れないでください。

    •自分の好みに合わせてマッサージしてください。 リンガム、陰嚢、会陰全体を刺激します。

    •興奮曲線に注意してください。 興奮の上昇を追跡してみてください。
    リンガムの根のチクチクする感覚に注意し、勃起段階に注意し、呼吸と脈拍数に注意してください。

    •次に、重要なしきい値である「ノーリターンのポイント(すでに射精を止められないタイミング)」の直前まで刺激し、一時停止し、穏やかに呼吸し、前立腺の周りのPCの筋肉を緊張させます。
    会陰ツボを押して睾丸を静かに引き下げるか、亀頭を圧迫するか、単に頭を使って、射精を遅らせることもできます。

    最も重要なこと:覚醒プロセスを注意深く観察し、「ノーリターンのポイント」のあまりにも直前すぎるタイミングで一時停止しないでください。

    •もし興奮するためにファンタジー(イメージ)が必要な場合、現実の性体験に最も近いものとして、あなたのリンガムが美しいヴァギナ(その他リンガムを包む部位)に入っていくと想像してください。
    最も重要なのは想像に没入することです。

    • このエクササイズでは、自分の中にあるものを感じ、何度も何度も骨盤の奥深くで呼吸をし、自分自身の性的反応を意識的に感じることを学ぶことが大切です。
    1〜100%のスケールで現在興奮状態のどこにいるのかを正確に観察します

    •非常に興奮していると感じた場合は、刺激を止めて、息を吸いながら背骨に沿って性的エネルギーが頭頂まで流れ、吐きながらそのエネルギーが身体の前面の中央を通り会陰に戻ることを想像してください。
    こうして性エネルギーを身体の中を流し、全身に広げてみましょう。

    • 安心感が増すまで、刺激の停止と開始を数回繰り返してください。
    繰り返し全身を愛撫することで、あなたの身体、睾丸、会陰にエネルギーを供給します。
    体の中で波のように広がっていく様子、エネルギーが体の中を循環していく様子を感じてみましょう。

    • お好みで、しばらくしたら自分へのご褒美として射精しても構いません。
    しかし、射精を我慢して、そのエネルギーを自分のため、健康や創造性のため、あるいはエネルギーを失わずに全身のオーガズムのために使いたいと思うのであれば、この時点で「ビッグ・ドロー」(後日紹介予定)を実践し、性的エネルギーが全身、すべての細胞に分布して吸収されていく様子を想像したり、体をわずかに揺らしたり、振動させたりすることをお勧めします。

    どんな方法でもオーガズムを楽しみ、この感覚を十分な時間をかけて感じるようにしましょう。

    射精を我慢して性エネルギーを分配するには、多少の練習が必要で、最初は慣れない感じがするかもしれませんが、それだけの価値はあります。

    どうでしょうか。

    それだけの価値はあると著者は記述していますが、かなりストイックですね。
    私は自分に厳しくできない人間なので、オナニーに取り組んだ際には必ず射精しますが、途中で何度か、エネルギーが前立腺付近から背骨を通って頭頂へ、そして身体の前面を通って会陰に循環することをイメージしてみています。
    ちょっとしたコツは必要でしたが、なんとなくエネルギーの流れを感じることができてきたので、みなさんもちょっとやってみてください。

    次回は「男性のオーガズム」についてご紹介させていただこうと思っています。

    参考図書

    リンガムマッサージ

    2+
Comments are closed.
//
テキストのコピーはできません。