• 男性の更年期障害1

    今回は、男性更年期障害について「リンガムマッサージ」にかかれてあることを紹介させていただこうと思います。

    女性は、生理や子供を持つことを通じて、規則的で反復的なサイクルに対処することに慣れているのに対し、男性は人生の中で大きな1つの主要なサイクルを経験します。

    それは思春期から男性更年期(女性の更年期に相当)、そして老年期に至るまでの一大サイクルです。

    今日の若者の妄想が老化を恐れるのは、明らかに「副作用」を否定的に捉えているからです。

    青年期にはホルモンが溢れて性エネルギーが分泌を促進しますが、老年期になると男性の性圧は著しく低下します。

    平均的な男性は、20歳前後で性的興奮のピークを感じています。

    統計によると、ホルモンレベル(DHEA、テストステロン)の急激な低下は、特に40歳から50歳の間に見られます。

    55歳以上の男性の約3分の1人の血中テストステロンのレベルは3.5 ng / ml以下です。

    この値は、性的にアクティブになることの難しさを伴う生殖機能不全のレベルです。

    米国の研究では、40歳から70歳までのすべての米国の男性の52%が自分の潜在能力を批判的に捉えていることがわかりました。

    性交の頻度は、40~50歳の男性は月に4~5回、50~60歳の男性は月に3回で、これらの年齢層の25%が性交を全くしなくなったと述べています。

    意識的にペニスを使わない男性では、ペニスの組織が弾力性を失います。

    この変化のせいで、勃起がより速く自然に発達することはなくなります。

    そして、勃起を達成するためには、より多くの、より長い、より技術的な物理的刺激が必要になります。

    時には勃起時にペニスが硬くならないこともあり、勃起角度は通常フラットになります。

    50歳以上の男性の約15%が慢性的にインポテンツになっていると言われています。

    しかし、多くの場合、性欲減退は主にテストステロンの不足が原因ではありません。

    インポテンスにつながる、成熟した男性の性的役割についての誤解もしばしばあります。

    男性が以前のように嵐のようにホルモンをコントロールできなくなったとしても、これは決して彼の性的な時間が終わったことを意味するものではありません。

    それはただ、より成熟した姿に変化したいだけです。

    それを知らずに、春には木の花を楽しんでおきながら、秋にはその素晴らしい果実を潰すのと同じくらい愚かなことです。

    2に続きます。

    参考図書

    リンガムマッサージ

    5+
Comments are closed.
//
テキストのコピーはできません。