• ペニスについて

    次の章は、リンガムつまりチンコ周辺パーツについての説明です。

    解剖学の知見も得られる素晴らしい章でした。

    私なりにまとめてみなさんと共有したいと思います。

    著者たちは、これを機会に鏡の前で自分の体を繁々と眺めてみて、時にはあらためて触って確認してみることを勧めています。
    また、女性読者には、男性パートナーの許可を得てから、繁々と眺めてみて、時には触らせてもらうことを進めています。

    その際、誰からも邪魔されない快適な空間と、潤滑剤を用意してね、とのことです。

    ではひとつひとつ私と一緒に見ていきましょう。
    トップバッターはいきなりチンコです。

    —————————————–
    リンガム(ペニス)

    亀頭は勃起していない状態では非常に敏感で、特に手荒れには非常に敏感です。

    男性は最初のうちは亀頭よりも竿を触られることを好みます。
    といってもパンストや濡れガーゼで亀頭をこすられまくるのが好きな人もいますけどね。

    ペニスが勃起すると亀頭の感度が低下します。睾丸の神経終末も非常に敏感なので、この部分、特に勃起した状態での巧みなタッチは、強い快感を与えてくれます。

    ウラスジの左右、亀頭の真下は、女性のクリトリスに相当します。(ちなみに、今回知りましたが、亀頭そのものがクリトリスに相当するわけではないそうです)

    男性の射精や男性のオーガズムは、一般的に亀頭の上の包皮の摩擦によって引き起こされるます。

    男性のクリトリスは女性のクリトリスと同種ですが、それが引き金となってオーガズムを誘発する推力は女性よりもはるかに繊細です。

    亀頭マッサージは男のための偉大な性的快楽の源になります。

     

     

    参考図書

    1+
Comments are closed.
//
テキストのコピーはできません。