• 2018/01タイ研修旅行記1~序章~

    ある日、風俗通いが大好きというお客様がご来店くださいました。

    その方から「タイには睾丸マッサージ村と呼ばれる町があるって嬢が言っていた」という情報を得ました。

    それが気になってWebでいろいろ調査したところ、ハジャイというタイの都市がどうやらその睾丸マッサージ村らしいと知りました。

    おねえちゃんのアレではない、おばちゃんがガチでやる睾丸マッサージ(ジャップカサイ)をタイにあるマッサージ店で受けた事がありません。

    検索の流れで、バンコクに睾丸マッサージ(ジャップカサイ)のレッスンを設けているスクールがあることもわかりました。

    開業前に既に睾丸マッサージ(ジャップカサイ)のレッスンは受けていますし、2年前にはカルサイネイザン(生殖器デトックスマッサージ)のティーチャーコースも受講していますが、最近増えてきた「あっちのほうがどうも」というお客様にもっと効果的なテクニックはないものか、と考えていたところなので、このレッスンも受けたい。

    マイレージを確認したらタイ往復分溜まっている。

     

    これは行くべきじゃね?

     

    と思いつき、すぐにチケットの手配をはじめましたが、バンコク便は4月まで空き枠なし。

    マイレージ枠でしかもハイシーズンのタイに2週間後出発なんてそりゃダメか、と諦めようとしましたが、クアルランプール便なら往復2席ほど空いているところがありました。

    ハジャイはタイの南というかマレーシアのすぐ上。

    マレーシア行ったことないし、エアアジア使えば移動はそれほど高くつかないだろう、と思いつき、1週間後発で8泊10日という厳しい日程だけれども、うかうかしていたらこの便も埋まっちゃうと焦り、とりあえずクアラルンプール便を確保。

    あらためてハジャイという町を調べていたら、「タイ最後の楽園」と言われている「リペ島」にはここからフェリーで行く、なんて情報を得たりして、「せっかく行くのだから」とあれこれぶっこんだ結果、下記旅程に。

     

    クアラルンプール→

    バンコク→

    ハジャイ→

    リペ島→

    ランカゥイ島→

    クアラルンプール

     

    いろんなところに行った分いろんなことがありました。

    そんなあれやこれやを、ランチ時やトイレでのひとときの暇つぶしにしていただければと思います。

    では、参りましょう。

Comments are closed.