ハーブボールマッサージ

ハーブボールは、タイや他のアジア文化で何世紀にもわたって使用されてきた施術道具です。

ハーブボールはレモングラス、ジンジャー、ターメリックなどの香り高いハーブをブレンドして布で包んだもので、蒸すことでハーブの成分が活性し放出されます。

ハーブボールマッサージはタイで発祥したもので、蒸したハーブボールを緊張や痛みのある部位に押し当ててマッサージすることで、 温かさと圧力、およびハーブの治療特性が組み合わさり、血行を改善し、炎症を軽減し、体の自然治癒プロセスを促進するといわれています。

ハーバルボールマッサージは、筋肉痛、関節痛、頭痛などの様々な痛みを軽減するため、そしてストレスや不安を緩和し、睡眠の質を改善し、全体的なリラックスと健康増進を促進するためにも利用されることがあります。

テキストのコピーはできません。